×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「豊玉発句集」  WhiteWind歴史館
けふもけふもたこのうなりや夕げぜん
第三十一回
きょうもきょうも たこのうなりや ゆうげぜん

毎日毎日 凧のうなりが聞こえる 夕食のお膳に向かう時間



「うなり」とは江戸角凧に特徴的な「音響装置」のようなものである。
凧の横幅の倍位の長さに裂いた弓形の籐を凧の上部に載せて揚げると、風を受けて「ブーン」という音を出して震える。
籐の代わりに鯨のヒゲを使った地方もあったらしい。

「ブーン、ブーン」という凧の「うなり」を聴きながらの一日が過ぎようとしている。
夕餉の時刻になってもまだ名残惜しそうにどこかで「ブーン」という音がしている。

おなかがすくのも忘れて凧揚げに夢中になっているところをみると、負けず嫌いの誰かが、凧に改良を重ねて研究でもしていたのだろうか。

ちょっとした「凧ブーム」があったのかもしれない。

(2006 3.27)

HP無料素材のWhiteWind本館     WhiteWind歴史館TOP 豊玉発句集TOP