×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「豊玉発句集」  WhiteWind歴史館
水音に添てきゝけり川千鳥
第二十八回
みずおとに そいてききけり かわちどり

水音に沿って川千鳥の声が聞こえる



川近い道を歩いていると、流れの音に沿うように千鳥の鳴く声が聞こえてくる。

「音」や「鳴き声」で存在を確かめているところを見ると、おそらく夜のことなのだろう。

街灯も全く無い、民家の灯火も今とは比べ物にならないくらい少なかった頃である。夜は本当に暗く、静けさの中に川の流れる音と、川にいる千鳥の鳴き声だけが響いている。

歳三の頭の上には降るような星々がまたたいていたことだろう。

そして、星の光を映した多摩川の水面は、歳三の瞳の中で白く浮かんでいたに違いない。

(2006 3.26)

HP無料素材のWhiteWind本館     WhiteWind歴史館TOP 豊玉発句集TOP