×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「豊玉発句集」  WhiteWind歴史館
白牡丹月夜月夜に染てほし
第二十五回
はくぼたん つきよつきよに そめてほし

白い牡丹
月夜のたびに
更に白く染めて欲しい


白い牡丹の花を、月の光でさらにいっそう白く染めて欲しい…
という意味なのだろう。
発句集の中で一番「白さの冴える」句だ。

歳三の「白」に対する憧れはこれまでも何度も見てきた。
雪、白梅、月、そして「白牡丹」
小説「燃えよ剣」で歳三が最後まで愛した女性の名前もまた、白にちなんだと見える「お雪」だった。

現在我々は、写真に残された歳三の姿を見ることが出来るが、その軍服の黒と襟元の白さの鮮やかな対比に、幕末のベストドレッサーとでもいえる歳三の美学を感じ取れる。

歳三は白の似合う男だった。

その白は決して汚されてはならなかった。
歳三は愛した花たちさでえも、
あでやかな色彩よりも、更に気高く白く染まることを望んだのかもしれない。

(2006 3.23)

HP無料素材のWhiteWind本館     WhiteWind歴史館TOP 豊玉発句集TOP