×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「豊玉発句集」  WhiteWind歴史館
菜の花のすだれに登る朝日哉
第二十三回
なのはなの すだれにのぼる あさひかな

菜の花が
すだれのように咲く中を
朝日が昇る




菜の花が一面に咲き乱れている様子を「すだれ」と表現したのだろう。そこに朝日が差してきて、あたりは黄金色に輝いている。

歳三の俳句は風景画的なものが多い。
その風景は、日常の中に現れた奇跡のように歳三には思えたのかもしれない。

たとえ歳三が気がつかなくても、生きていくには何も困りはしない一瞬だった。
けれども、その一瞬を受け止めることは、歳三にとっては生きた確かな証だった。
そしてその感動を紙の上に書き残しておいてくれたおかげで、150年以上の時を隔てても我々は歳三と同じ風景を感じることが出来る。

おそらく歳三が覚えた春の「五色」のひとつ。
菜の花は今でもちゃんと春を覚えていて、朝日の中で黄金色に咲き続ける。

(2006 3.21)

HP無料素材のWhiteWind本館     WhiteWind歴史館TOP 豊玉発句集TOP