×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「豊玉発句集」  WhiteWind歴史館
しれば迷ひしらねば迷ふ法の道
第十五回
しればまよい しらねばまよう のりのみち

知っても迷い
知らなくても迷う
仏の教えの道



さすがの歳三も前出の「恋の道」は気恥ずかしかったのか、体裁を変えて「法の道」と書いている。
「法(のり)の道」というのは仏の教えを説く道のこと。

仏の道を知っていても知らなくても結局迷ってしまうんだよ、との心情が吐露されている。
物事を知れば知るほどいざという時の判断が難しくなるということはありがちだ。
かえって「知らぬが仏」という場合もある。

それにしても「しれば迷い、しらねば迷う」とはあまりにも直球過ぎる表現…
もう少し気の利いた言い様はないものかとあれこれ考えて見ると、そもそもこんなテーマを俳句にしようとするのが無理なような気がしてくる(笑)

知らずとも 知れども迷う 法の道 

などと作り変えてみたりしても、やはりいまひとつだ。

(2006 3.17)

HP無料素材のWhiteWind本館     WhiteWind歴史館TOP 豊玉発句集TOP