×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「豊玉発句集」  WhiteWind歴史館
春雨や客を返して客にゆく
第十回
はるさめや きゃくをかえして きゃくにゆく

春雨だね
客人を返して
自分が客になりに出かけていく




実は「豊玉発句集」には、「春雨三部作」とでも呼びたいような、味わい深い名句も存在している。
この「客を返して客に行く」などのフレーズなどは小林一茶が詠んでいたとしてもおかしくないような気がする。

淡い雨の降る春の宵、客人を送っていった歳三が、まっすぐ帰宅する気分になれなくて、そのまま自分が今度は客としてどこかを訪ねようとしているようだ。

おそらく先客との堅苦しい話を済ませ、ようやくこれから羽を伸ばすことのできる場所でも訪れようと言うのだろう。それは友人宅だろうか、それとも恋人宅だろうか。

穏やかな「春雨」に包まれた、こんなにも優しい時間が歳三にもあったのだ。殺伐とした毎日ばかりではなかったのだなと、ほっとさせてもらえる一句だ。

(2006 3.11)

HP無料素材のWhiteWind本館     WhiteWind歴史館TOP 豊玉発句集TOP