×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「豊玉発句集」  WhiteWind歴史館
おもしろき夜着のならびや今朝の雪
第四回
おもしろき よぎのならびや けさのゆき


朝の雪を前にして
夜着(を着たまま)並んでいる姿が
面白い



「夜着(よぎ)」というのは綿を入れた着物の形をした布団のようなものである。

歳三たちが「居候」していた近藤勇の試衛館道場の冬の朝のひとコマだろう。
沖田総司、山南敬助、原田左之助といった未来の新選組幹部たちが、庭に降った雪を眺めている。

寒いのでみんな大きな「夜着」にくるまったまま並んでいるのだ。
どんな剣客であっても寒いものは寒い。
そんな仲間のおかしな姿を見て、思わず歳三が俳句で切り取ったスナップ写真のようだ。

ちなみに歳三は雪も大好きである。
そんな一面をのぞかせる俳句もこののちいくつか現れてくる。

(2006.3.2)

HP無料素材のWhiteWind本館     WhiteWind歴史館TOP 豊玉発句集TOP