×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「豊玉発句集」  WhiteWind歴史館
人の世のものとは見えず梅の花
第二回

この世のものとは
見えない(思えない)
梅の花だ



「豊玉発句集」には「梅」が詠まれたものが多い。
その句集がまとめられたのが文久3年(1863)の春であることもその一つの理由だろうが、歳三の「梅」に対する思い入れには特別なものを感じる。

梅の花はまだ冬の息吹の残る最中に凛として咲き、あたりに芳しい匂いを漂わせ春を誘う。
古くから「梅」と一文字で書かれている場合は「白梅」のことである。

歳三は「白」に対しても強い憧れを持っていた。
武士としての潔さ、誇り高さを「白」に映していたのだろう。

気高い白さをもつ梅が、荒廃した人間たちと同じ世にあるものだとは信じられないと一瞬抱いた思いをストレートに表現したものだろう。

(2006.2.25)

HP無料素材のWhiteWind本館     WhiteWind歴史館TOP 豊玉発句集TOP