×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「豊玉発句集」  WhiteWind歴史館
うぐひすや はたきの音も ついやめる
第一回
うぐひすや はたきのおとも ついやめる

うぐいす(鶯)が鳴いているな 
はたきを使って音をたてるのを 
思わず止めてしまったよ


新選組副長の土方歳三は「豊玉」という雅号で俳句をたしなんでいた。

そのほとんどは、小説「燃えよ剣」のなかで沖田総司も苦笑してしまうくらい「へた」

だが、歳三の俳句はその生涯にも重なる非常に「潔い」印象を受ける。
そのうえ「鬼の副長」のイメージからは想像できないようなユーモラスな作品も多いので読んでいて楽しい。

中でもこの句には一番親しみを感じる(笑)

男所帯の道場の掃除当番だったのだろうか。
パタパタはたきをかけていたら、どこからともなく鶯の鳴き声がして、つい手を休めて聞き入ってしまうという「風流な」歳三だ。

2006 2.24)


HP無料素材のWhiteWind本館     WhiteWind歴史館TOP 豊玉発句集TOP 次頁