×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「豊玉発句集」  WhiteWind歴史館
梅の花咲る日だけにさいて散
第四十一回
うめのはな さけるひだけに さいてちる

梅の花は、咲ける日にだけ咲いて 散る



発句集の最後に書かれている句である。
武士としての生き方をこの十七文字に凝縮して、歳三は運命の地、京都へと旅立っていった。

短くても精一杯に咲いて、死に臨んでも潔くありたい…戊辰戦争の最後の最後まで闘い、散っていった歳三の生き方がこの句に結晶しているかのようだ。

歳三はこの発句集をまとめた後も、きっと俳句を詠んでいたはずだ。中には戦乱の最中に散逸したり、処分されてしまったものもあったに違いない。

京都で、会津で、箱館で…

一体どのような風景を、どのような言葉で書いていたものか、もはや知る由もない。

しかし、考えようによっては、歳三ならばこんなふうに書いたのではないかと、歳三に負けないくらい「ロマンチ」の我々にとっては、想像の余地がたくさんあるということでもある。

(了)

(2006 3.31)

HP無料素材のWhiteWind本館     WhiteWind歴史館TOP 豊玉発句集TOP